リハビリテーション

リハビリテーション

リハビリテーションは、心身の機能や構造に障害が生じた方を対象として、その状態を医学的に改善しようとするあらゆる取り組みのことを意味しています。病院では消化器疾患や心臓血管疾患の手術後など様々な場面でリハビリテーションが行われますが、診療所では特に整形外科の医療機関において、運動機能の改善を目的としたリハビリテーション科を設置しているケースが多くみられます。

機能回復と社会復帰を目指します

リハビリテーション科では、病気や障害、老化、スポーツ外傷、手術などによる機能障害について、医師の指導のもとで理学療法士などが運動療法や物理療法を行い、運動機能の回復・改善を図り、日常生活や社会生活への早期復帰を目指します。しっかりとリハビリテーションに取り組むことにより、痛みの改善も期待できます。

このような症状の方はご相談を

  • 腰痛や肩こりがなかなか良くならない
  • 歩くのが辛い、上手く歩けない
  • 食事や着替え、トイレなどの日常動作が上手くできない
  • 関節が痛い、変形している
  • 筋力が低下し、疲れやすくなった
  • 五十肩、四十肩など
  • スポーツ外傷(靭帯断裂、半月板損傷など)を経験した
  • 靭帯再建術を受けた
  • 人工関節術を受けた

主なリハビリテーション

リハビリテーションにはいくつかの種類がありますが、最も一般的に行われているのは運動療法と理学療法です。このうち運動療法では、理学療法士が中心となって実際に体を動かすことにより、関節の可動域を拡げたり、筋肉の質を高めたりします。慢性的な痛みの改善には欠かせない根本的な治療ですし、ご自宅でできるリハビリテーションも数多くあります。

物理療法では、低周波療法や温熱療法、牽引療法などを行います。低周波療法では、低周波治療器を用いて心地よい電気刺激を発生させ、患部の血流を増やして痛みを和らげます。温熱療法は、患部を温めることによって血流を改善し、慢性的な痛みを減らしていきます。また、牽引療法は身体のある部分を牽引することによって、骨折や筋肉の硬直、関節変形などに対する治療を行います。